社交ダンス大百科

社交ダンスの種類、歴史、特徴を紹介しています。
MENU

世界の社交ダンスの歴史

最初に誕生した社交ダンスは、ワルツ (ウィンナワルツ)だった。ワルツのルーツはヨーロッパの民衆の中で踊られていたダンスだと言われている。プロヴァンス地方で踊られていたヴォルトというダンスが始まりだという説と、南ドイツからオーストリアにかけての民族舞踊レントラーというがルーツだという2つの説がある。12世紀ごろから徐々に王侯貴族たちを魅了し、ルネサンスのころヨーロッパ各地で流行した。

 

ホールドをしないで踊るラウンドダンスが16世紀のエリザベス1世の頃まで続いた。その後ラ・ボルタと呼ばれる体をコンタクトして踊るカップルダンスが登場する。18世紀後半、ウィンナワルツで一対の男女が向かい合ったクロースホールドで踊るようになって現在の形になった。この時をもって、社交ダンスの誕生とされている。

 

民衆から遅れる形で、ヨーロッパ諸国の宮廷の舞踏会でも、若者を中心にワルツが人気となる。しかし、男女が抱擁するこのダンスは、年配者や宗教関係者からは強い反発を受け、何度か禁止にもされている。やがて、大陸では、18世紀には、それまでの宮廷舞踊に混じって典礼儀式などの機会に取り入れられてゆき、上品化されてゆく。イギリスでは、19世紀の、ワルツ好きのヴィクトリア女王時代になるまで偏見が続いた。

 

20世紀には、カッスル夫妻によって、これまでの爪先だけで踊るスタイルから、ヒールから歩く新しいスタイルが確立し、さらに優雅さが増す。このスタイルの流れから、イギリスのおいて競技ダンスが体系化され、分化した。

 

民衆の間では、新しい音楽が生まれるとともに新しい踊りも踊られる様になる。ほとんどが小さな流行で消えてゆくが。19世紀では、ブルースやタンゴ (アルゼンチンタンゴ)が広く普及する。

 

20世紀前半になって、ジャズなどの北米生まれの新しい音楽の流行によりフォックストロットやジルバ等が、ラテンアメリカン音楽の流行でスクエアルンバ (音楽:ソン)やマンボやチャチャチャなどの新しいダンスが世界に広まった。

 

以降も各国で新しいダンスが生まれては廃れていったが、世界的な流行は、1990年代頃からのサルサとアルゼンチンタンゴを待たなくてはならない。21世紀になってからはインターネットのおかげで世界の情報が掴みやすくなったため、各国のローカル流行ダンスがつねに世界に向けられて紹介されつつある。

このページの先頭へ