ダンスの種類と踊りの特性

ダンスの種類

ボールルームダンスは必ず男女が1名ずつでカップルを作って行われ、男子が女子をリードし、女子は男子にフォローしながら踊るという原則が他のダンスと異なる点で、これがこれが社交ダンスの特徴といえます。ボールルームダンスは、まずスタンダード部門とラテン・アメリカン部門の2種類に大きく分けられます。

 

 

 

 

「スタンダード」

カップルが常時コンタクト・ホールドをして移動する踊りで、以前は「モダン」という呼び方をされていましたが、現在は「スタンダード」という名称に統一されています。男子はテールコートにホワイトタイ、女子はロングドレスの正装で踊ります。音楽も踊りもヨーロッパで生まれヨーロッパで発展していったもの、ヨーロッパ以外で生まれヨーロッパで発展したものがあります。そして、ボールルームダンスの基本となる部門でもあります。

 

 

 

「ラテン・アメリカン」

カップルが組んだり離れたり、お互いの片手だけでホールドしたりして、男女のポジションを色々変える踊りで、回転が多く動きも速いので競技会では男女とも軽快な衣装で踊ります。特に女子はフイギュアスケートなどに使われるコスチュームを更に華やかにした個性のある衣装で踊ります。音楽も踊りもラテンアメリカが発祥地ですが、ヨーロッパへ渡ってから競技用に更に洗練され今の形になったものです。

スタンダード種目 と ラテン・アメリカン種目

スポーツとしてルール化する必要性から、国際戦のあるスタイルでは、以下の様にダンス種目数を限定している。

 

日本で一番多く踊られている競技ダンスのスタイルは、イギリスを中心に発展普及したインターナショナルスタイル(International Competition Style Dancing)あるいはイングリッシュスタイルとも呼ばれているものであり、インターナショナルスタンダード、インターナショナルラテンアメリカンの2スタイルに分けられている。アメリカを中心に発展普及したアメリカンスタイル(American Competition Style Dancing)も、同様に国際戦を行っており、アメリカンスムース、アメリカンリズムに分けられている。

 

これらメジャーなもの以外にも、各国各地には各々独自の競技ダンス種目が存在する。例えばイタリアのリショーなどが挙げられる。

 

 

スタンダード

ワルツ (スローワルツ)
タンゴ (コンチネンタルタンゴ)
スローフォックストロット
クイックステップ
ヴェニーズワルツ (ウィンナワルツ)

 

ラテン

チャチャチャ
サンバ (インターナショナルサンバ)
ルンバ (キューバンルンバ)
パソドブレ
ジャイヴ

スポンサーリンク

更新履歴